ゴルフ好き女子の日常

ゴルフ好き女子の日常は、ゴルフ大好きな初心者女性ゴルファーが、楽しみながらスコアアップを目指すブログです。ゴルフ練習、ゴルフファッション、美容ネタ。



ゴルフ日記

1泊2日ゴルフ旅(2)「ヒルトン小田原 リゾートアンドスパ」

小田原1泊2日のゴルフ旅の続きです。

近場でリゾート気分が味わえてゴルフができる場所として選んだ「ヒルトン小田原リゾート&スパ」と「小田原城カントリー倶楽部」。

泊まりでゴルフの場合は泊まった翌日にプレーすることが多いのですが、朝ホテルでゆっくりしたかったので1日目にゴルフをして宿泊としました。

小田原城カントリークラブについては前記事に書いていますので良かったらご覧ください。
1泊2日ゴルフ旅「小田原城カントリークラブ」

ラウンドが終わってからすぐにヒルトン小田原リゾートアンドスパに向かいました。

車のナビ上で20分の道のりです。

前記事にも書いたゴルフ場の狭い道をまた通らなくてはいけないので、対向車がこないことだけを願いながらひたすら下ります。

一度だけゴルフ場のクラブバスとすれ違い、ギリギリ通れました!

下りは早いですね。すぐにヒルトンに到着です。

ゴルフのあとほとんど移動がなく宿にいけるのってやっぱりいいです。




ヒルトン小田原リゾートアンドスパに到着


ヒルトン小田原リゾートアンドスパは神奈川県小田原市にあり、広い温水プールや温泉を備えたリゾートホテルです。

都心から車でも電車でも行きやすいので人気がありますよね。

チェックイン時間を過ぎていたのですぐにお部屋に入りました。

ゴルフ場からも絶景でしたが、ヒルトンも山の中腹にありますので眺めがとても良いです。

朝、部屋からの眺めです。広い海が見渡せて爽快な景色でした。


お部屋は和洋室デラックスというタイプ。洋室と和室がセットになっていて54m2の広々としたお部屋でした。


畳の部屋が久しぶりで畳でゴロゴロ。笑

洋室にも畳の部屋にもテレビがあり、夜は畳でテレビを見てくつろぎました。


洗面所、バスが独立していて広々しています。トイレも個室タイプで使いやすかったです。

お部屋が広くてとても快適に過ごせました。




ヒルトン小田原のオーシャンラウンジ

ヒルトン小田原には「オーシャンラウンジ」というラウンジが2階にあります。

ラウンジが利用できるのは、

・ラウンジアクセス権付きのプランで予約した方
・ラウンジ利用代金6,000円を支払った方
・ヒルトンの会員であるヒルトンオナーズのダイヤモンド会員

のいずれかとなっていて、部屋のカードキーをかざすとドアが解除されて入場できます。


今回は人が多かったので、別の日に行ったときのラウンジの写真です。普段は広くて落ち着いた雰囲気のラウンジ。でもこの日は昼に子供が沢山いて勉強したりソファーに寝ていたりしてびっくりしました。一応利用は13歳以上となっていて、イブニングサービスのみ大人同伴で子供も利用できるということになっているはずなんです。


日中はソフトドリンクやスナックをセルフサービスでいただけるようになっています。スナックはナッツ、柿ピー、ポップコーンなどでした。

ゴルフに行っていて利用できなかったのですが15時〜16時はアフタヌーンティーサービスでケーキが出ます。(過去の経験では15時に行かないとすぐになくなってしまい、そのあとなぜか補充してくれません。)

17時から20時がイブニングサービスとなり、ビールやワインなどのアルコール類とともに軽食が出されます。

ラウンジアクセスができる時は、ラウンジの軽食をちょこちょこ食べているとお腹がいっぱいになる場合もあるんですけど、これはホテルによりますよね。

オーシャンラウンジは日によって内容のアタリハズレが激しくて、ハズレだと本当におつまみ程度しかないので全然足りないです。

カクテルタイムが始まってから15分後ぐらいに行ったのですが、プレートは空になっているし、デザートも空。

ほとんど食事できるものがありませんでした。

他のヒルトンのラウンジは残りわずかになっていたら新しいものをすぐに出してくれるのでしばらく様子をみていたんですが、なかなか新しいものが出てきませんでした。

小田原はもう少し頑張ってもらわないとラウンジの満足度が低いです。

ラウンジアクセスがついたプランは普通のプランよりも高いのに、それでこのクオリティなら小田原ではラウンジ利用を付ける必要はないかな・・・

お酒が飲み放題になりますので、たくさん飲まれる方にはいいかも?

ほとんど食べれなかったので、レストランに行くことにしました。




食事はホテル内で

ヒルトン小田原は温泉街とかではなくて山を登ったところにヒルトンだけが建っているという感じなので、周りになにもありません。

歩いて行けるところは全くないのでご注意ください!車の場合でも外にわざわざ行く方はほとんどいないだろうと思います。

なので食事はホテル内で済ませると思っていたほうがいいです。

レストランは「ブラッセリー フローラ」1つだけで、朝食ブッフェもディナーも同じ場所になります。

ディナーはビュッフェかコース料理となります。

コース料理の場合は事前に予約していた方がいいと思います。

ビュッフェは当日でも入れました。

ビュッフェのお値段は、一人 5,300円 / お子様(小学生まで)2,650円 / 未就学児無料です。

消費税とサービス料が別で、飲み物も別料金です。

天ぷらやお寿司、ローストビーフ、パスタ、チキンのクリーム煮などなどが並んでいて種類が豊富でした。

デザートはケーキが4種程、それにフルーツとチョコレートファウンテンがありました。

味は特筆するほどのものはなくて、普通に美味しいぐらいです。

なので写真がなくてすみません・・・

次に行くとしたらコース料理を予約しようと思います。




ヒルトン小田原リゾートアンドスパの温泉

温泉は写真が撮れませんのでホテルの公式より画像をお借りしました。

photo via :https://hiltonhotels.jp/hotel/kanto/hilton-odawara-resort-and-spa

眺めが良いので明るい時間のほうがおすすめです。

バーデゾーンや温泉は部屋からバスローブや浴衣を着て行けます。ロビーは浴衣もバスローブも禁止なんですけど、ロビーを通らず部屋から行ける通路があるので心配いらないです。

ゴルフをしてからヒルトンに行ったので、疲れた体がほぐれてとても気持ちよかったです。

ゴルフの後の温泉て最高ですよね^^




開放感たっぷりのバーデゾーン


ヒルトン小田原リゾートアンドスパにはバーデゾーンがありまして、広くて開放感たっぷりの温水のプールを備えており、一年中快適にプールで遊ぶことができます。

プールの温度はお風呂よりもぬるい温水です。プールなのでもちろん水着を着用。

ジャグジーやプールに入ったり、プールサイドのカウチでのんびりできるようになっています。カウチの数が限られていて早い者勝ちになっているので、満席?の場合は使えないのが悲しいところ。もっと宿泊客が多いであろう夏はどうなっちゃうんだろう。

室内プールと屋外プールがガラスの扉を挟んでつながっていて、プールに入ったまま移動できたり、流れるプール、ジャグジー、寝湯のようなプールなど様々なプールが楽しめます。

宿泊だと到着日もチェックアウト後もプールが使えます。お子様もしっかり遊べて喜びそうですね^^

着替えについてですが、客室から直接バーデゾーンに行く通路があるので部屋から水着を着ていくことができます。

ロビーを通らないので一目を気にすることなく行けますし、部屋のバスローブを羽織って行けるのも便利です。

プールで浮いたり、カウチでのんびりくつろげてリゾートを満喫できます。


部屋のベランダからバーデゾーンやテニスコートが見えていて、奥にはパターゴルフがあります。


今回利用していませんが屋内のゴルフ打ちっ放しもあります。距離がなさそうなのでアプローチ練習向きでしょうね。今度行った時にはやってみようかな。

料金は個別にかかります。ホテル宿泊者は特別料金です。
・パターゴルフ ホテル宿泊者1,400円 (宿泊者以外2,500円)
・ゴルフ練習場 1時間(打ち放題)ホテル宿泊者1,400円 (宿泊者以外1,900円)

その他、ボーリングとか卓球もあって、滞在中のアクティビティに困りません。

家族みんなで楽しめるリゾートという感じでした。

絶景ゴルフとヒルトン小田原の温泉・プールでのんびり、充実した1泊2日を過ごしました。

旅行は11月終わりでしたが、この記事は12月末に書いています。とても忙しい1ヶ月で時間も体力もなく12月はラウンドができなかったので、このゴルフ旅が2018年最後のラウンドとなりました。行ってて良かった!

ヒルトン小田原リゾート&スパ

最後までお読みいただいてありがとうございました!

◆◆Guriko◆◆

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ  

いつも応援ポチしていただいてありがとうございます。更新の励みになります。

-ゴルフ日記
-,

この記事をシェアする!