ゴルフ好き女子の日常

ゴルフ好き女子の日常は、ゴルフ大好きな初心者女性ゴルファーが、楽しみながらスコアアップを目指すブログです。ゴルフ練習、ゴルフファッション、美容ネタ。



ゴルフグッズ ゴルフ旅関連

ゴルフバッグの重さは何キロ?飛行機にのせる男女のキャディバッグの重さを中身と一緒に紹介します

飛行機にのせるとき初めて、預けるゴルフバッグの重さが何キロなのか気になりました。

ゴルフ旅というのは、普段の荷物に加えてゴルフウェアとかゴルフシューズとか小物類で荷物が増えるものです。

国内線でANAやJALの普通席に乗るときの預け荷物は20kgまでが無料です。国際線のエコノミーでANAは45kg、JALは46kgまで無料なので、国際線より国内線の方がきついと思うんです。

国内でもそれなりに荷物がある中で、ゴルフバッグとスーツケースなどの合計で20kg。それ以上になったら超過料金がかかります。(※LCCでは航空会社によって最初からゴルフバッグは料金がかかります。)

飛行機にのせるつもりでクラブを梱包したりボールや小物を入れた状態で、一体ゴルフバッグが何キロになると思いますか?

今回は私のゴルフバッグと主人のゴルフバッグを測った結果について書いていきたいと思います。

どんな中身を入れた重さなのか、クラブの本数や内容も書いていきますので、ご自身の荷物と比べてみてください!




 

メンズのゴルフバッグの重さ


主人のゴルフバッグは、アイアンカバーや衝撃吸収の梱包をした状態で重さを測ったところ10Kgでした。

我が家ではゴルフバッグを飛行機にのせるときにトラベルカバーに入れて運んでいますので、トラベルカバーの重さも考慮しなくてはなりません。

トラベルカバーはこんな感じ。

トラベルカバーの2kgをプラスして、実際に飛行機にのせるゴルフバッグの重さは12kgとなりました。

アイアンカバー、衝撃吸収材、トラベルカバーは以前詳しくご紹介済みです。最後にリンクを貼りますね。

メンズのゴルフバッグの中身

主人のゴルフバッグの中身について書きますので、重さの参考にしてください。一応、旅仕様の中身です。


【キャディバッグ】
タイトリスト(4.6kg※現行モデルにつきタイトリスト公式ページで確認しました。)

【ゴルフクラブ】
ウッドは1W、3W、5Wの3本
ユーティリティは4Uの1本
アイアンは5、6、7、8、9、PW、58度、50度の8本
パター1本
合計13本

【ポケットの中身】
ゴルフシューズ1足
ボール6個
ボールポーチやティーなどの小物
ラウンドバッグ(小さいトートバッグ)1個




 

レディースのゴルフバッグの重さ


私のゴルフバッグもアイアンカバーや衝撃吸収の梱包をした状態で測ったところ、8Kgでした。

私もトラベルカバーに入れた状態で飛行機にのせるので、トラベルカバーの2kgをプラスします。

実際飛行機にのせるゴルフバッグの重さは10kgとなりました。

ゴルフバッグの中身

私のゴルフバッグの中身について書きますので、重さの参考にしてください。こちらも旅仕様の中身です。

【キャディバッグ】
アディダスの軽量タイプ(2.9kg ※過去モデルなので現在販売されているアディダスの軽量タイプを参考にしました。)

【ゴルフクラブ】
ウッドは1W、5W、7Wの3本
アイアンは7、8、9、PW、AW、SW、56度の7本
パター1本
合計11本

【ポケットの中身】
ゴルフシューズ1足
ボール6個
ボールポーチやティーなどの小物
ラウンドバッグ1個
ウィンドブレーカー1着

私は飛行機や宅急便で送るとき、ゴルフシューズはスーツケースに入れずにゴルフバッグの方に入れています。ゴルフシューズが幅をとってスーツケースがいっぱいになってしまうので。

飛行機の預け荷物は国内線の場合ゴルフバッグとスーツケースの合計の重さですので、どちらに入れても同じです。国際線の場合はJALだと1個あたり23kgを2個まで、などと制約ができますのでそれをオーバーしない方に入れるといいかな、と思います。(この辺りは航空会社により違いますので要確認です!)

ゴルフの道具って、1つ1つ重いものが多いですよね。ゴルフシューズも結構重いですし・・・




 

使わないと思うものはすべて置いていこう!

飛行機にのせるためにゴルフの荷物を準備するときは「使わないかも?」と思ったら全部置いていくようにしています。

少しの重さも、集まれば重量オーバーの原因になります。

使っていないけれどキャディバッグに入れたままのクラブとか、練習器具などが入っていたらできる限り置いていきます。

飛行機は、行きだけではなく、帰りのことも考えないといけません。

旅先で買い物したり、お土産が増えたりして帰りの方が重くなると考えていた方がいいので、行きは大丈夫でも帰りに超過料金となる可能性大です。

ですので、私は使わないかもしれないと思うものは全部置いていきます^^




 

ゴルフボールは意外と重たいので注意!

ゴルフボールの重さなんて飛行機にのせるまで気にしたことなかったんですけど、意外に重いんですよね。

ゴルフボールだけわざわざ重さについて書いているのは、まさに私が過去にボールの持ちすぎで重量オーバーになった人だからです。笑

たまたまボールを沢山いただいて、自分のボール以外に2箱分(24個)増えてたんですよね〜。何も考えずにそのままにしてたら超過料金かかりました。

ゴルフボールの規格が45.93g以下となっているので1個45gとすると、1箱(12個)540g、2箱で1080gになります。ボールだけで1kg超えてきます。

持っていくボールは少なめにして現地で購入してもいいと思います。ボールはゴルフ場に必ずありますからね。(こだわりのボールを使っていたり、ゴルフ場で売っていないようなボールを使っているのであれば話は別ですが)




 

まとめ

ゴルフバッグを飛行機にのせるということは、ゴルフ関連のものも運ぶことになります。

キャディバッグとゴルフクラブだけじゃなく、シューズ、ゴルフボールや小物類、梱包材やお手持ちのトラベルバッグの重さも一緒に考慮するといいと思います。

そして、帰りのためにも使わないものは置いていって、ちょっとでも重量を少なくしておくのがおすすめです。

飛行機ではゴルフバッグだけを特別丁寧に扱ってもらえるわけではありません。(特に海外は雑。)クラブのシャフトが折れたという話を結構聞きますので、梱包を自分でしっかりしています。

愛用しているゴルフクラブ保護のパッキング用品

詳しくみたい方は関連記事へ↓

飛行機・宅急便でのゴルフクラブ保護グッズ【その1】アイアンヘッドカバー

飛行機・宅急便でのゴルフクラブ保護グッズ【その2】折れと破損防止のためのカバー

関連記事→ゴルフ旅行で使っている「キャスター付きトラベルカバー」を詳しく紹介します。

最後までお読みいただいてありがとうございました!

◆◆Guriko◆◆

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

いつも応援ポチしていただいてありがとうございます。更新の励みになります。

-ゴルフグッズ, ゴルフ旅関連
-, , ,

この記事をシェアする!