ゴルフグッズ ゴルフ日記

ガーミンApproach S42とS40の違いを超簡単に説明するよ!



2021-04-27

画像:https://www.garmin.co.jp/より

ガーミンから出ている距離計はいくつかありますが、その中でも人気なのがやはり腕時計型ですよね。

人気のApproach(アプローチ)シリーズから、S40の後継モデルとなる Approach S42が発売されて、チェックしている方も多いと思います。

ずっとS40が気になってたのですが、新しくS42が出たタイミングで買いました〜!


で、今日は商品レビュー、、、、、ではなく、私が買う前に調べたことの一部を共有します。

新しいS42と前モデルS40は何が違うのか、難しいことを抜きにして超簡単に説明してみようというのが今日のテーマです^^

単純にS42とS40の違いを手っ取り早く知りたい方、良かったらお読みください。

Guriko
S42のゴルフ場での使用感は後日アップ予定です。



ガーミンApproach(アプローチ)S42とS40の違い

早速、Approach S42とS40の違いを見ていきます。

違いを見るには表が一番!

なので、比較表を作ってみました。違いがある部分は赤字になっています。

Approach S42(NEW!!) Approach S40
収録コース数 全世界の 42,000 コース 全世界41,000コース以上
ディスプレイサイズ 1.2インチ 1.2インチ
デジタルスコアカード
フルカラータッチスクリーン
グリーンビュー(手動ピン位置調整)
ガーミンオートショット
ライフログ2 / マルチスポーツ対応
みちびき受信 L1S信号 補完信号
防水 5 ATM 5 ATM
稼働時間 GPSモード:最大15時間
ウォッチモード:最大10日間
GPSモード:最大15時間
ウォッチモード:最大10日間
内臓メモリ 64GB 64GB
カラー ・White
・Light Sand
・Black
・White
・Gray
・Black
手首の円周 ブラックバンド :125-202mm
ホワイト/ライトサンド :106-176mm
グレー/ブラックバンド :163-249 mm
ホワイトバンド :145-217 mm
定価  34,800円 (税込 ¥38,280円) 34,800円 (税込 ¥38,280円)

はい、これを見ると、

1)機能面で「みちびきの受信信号」が変わった
2)見た目の変化として「カラー」が変わった(バンドのデザインも少し変わった)
3)「手首の円周(バンドの長さ)」が変わった

ということがわかります。この3つだけで、あとは変化が見当たりませんでした。

新しく何かができるようになったとか、機能が増えたというわけではないのですね、、、

が、しかし!がっかりしてはいけません。

1)の「みちびきの受信信号」が変わったことは注目すべきことなのです!

ゴルフの距離計を選ぶ時に重要視すべき、GPSの機能がレベルアップしているんです。

このあと簡単に説明しますね!

そうそうもう一つ、表を見ると収録コースの数が違うじゃないか!ってなるんですが、新しいコース情報はダウンロードできますので、変更点には入れなくて良いかなと思います。




変わったこと 1)みちびきの受信信号

Approach S42(NEW!!) Approach S40
みちびき受信 L1S信号 補完信号

今回の新モデルでの一番の売りは1)の「みちびきの受信信号」が変わったことであると言えると思います。

みちびきというのは距離計に使っているGPSの機能なのですが、S42から「L1S信号」を受信できるようになりました。

L1S信号を受信できると言われてもよくわからんわ!ってなりますので、超簡単に言いますと、GPSの位置の精度が良くなったということです!

具体的には誤差3m程度だったものが、誤差1m程度にまで精度が上がりました。

L1S信号が受信できるというのは、ガーミンのS42よりも上位モデルのS62と同じになります。

ということで、GPSの位置精度は上位モデルに引けをとらなくなりましたよ!




変わったこと 2)カラー

Approach S42(NEW!!) Approach S40
カラー ・White
・Light Sand
・Black
・White
・Gray
・Black

では、2)カラーが変わった(バンドのデザインも少し変わった)ことについて見ていきます。

フェイスのフレームに対してセットになっているバンドのカラーがあるのですが、S40とS42でセットと色が変わりました。

まず前モデルのS40の画像を見ましょう。

画像:https://www.garmin.co.jp/より

前モデルS40では
ブラック→バンドがブラック
シルバー→バンドがグレー
ゴールド→バンドがホワイト
となっています。

次は新しいS42の画像です。

画像:https://www.garmin.co.jp/より

新しいモデルS42では、
ブラック→バンドがブラック
シルバー→バンドがホワイト
ゴールド→バンドがライトサンド

S40にあったグレーがなくなり、新しくライトサンドというベージュっぽい色のバンドになりました。シルバーのフェイスにはホワイトのバンドが付いたので、組み合わせも変わってますね。

S42は女性が使いやすい色を作ってきたのかなというイメージ。

よく見るとバンドのデザインが少し変わってます。よく見ると気がつく程度。なので、大きなデザイン変更はないですね。




変わったこと 3)手首の円周(バンドの長さ)

Approach S42(NEW!!) Approach S40
手首の円周 ブラックバンド :125-202mm
ホワイト/ライトサンド:106-176mm
グレー/ブラックバンド :163-249 mm
ホワイトバンド :145-217 mm

S42になって変わったことの3つ目は手首の円周(バンドの長さ)です。

前モデルより短くなりました。どの色も短くなっています。

前はバンドが長すぎるという意見が多かったので、そこを改良してくれたのだな、と思います。

特に、ライトサンドとホワイトは女性が使いやすい長さになってますね。

ライトサンドとホワイトも男性がつけられるぐらいの長さはありますので、腕がとてもたくましい男性以外はつけられるサイズ。男女兼用できそうです。




まとめ

超簡単に新モデルApproach S42と旧モデルS40の違う部分だけにフォーカスして説明しましたが、いかがでしたか?

S42は3色のうち2色女性が使いやすいモデルになっているというのが今までにないことなので、選択できる楽しみがあって嬉しいですね。

重さもバッテリーの持ちも、大きさも前モデルと変わらないことや、機能面で増えたところがないのはちょっと残念に思われる方が多いかもしれません。

でも、ガーミンのアプローチシリーズを買う一番の目的は距離計だと思うので、やはりGPSの精度の向上は一番魅かれるところ。

今回の新モデルは上位のS62が持つGPS機能の精度と変わらなくなったという点がすばらしいです。

私はS42を買ってからほとんど毎日24時間身につけて、ライフログ機能も使ってます。睡眠も記録していて、これがなかなか楽しいです。

ゴルフ場では、腕を見れば即座に距離がわかって、精度も良くて、便利で快適。

コースや日頃の使用感はまた記事にする予定です!

最後までお読みいただいてありがとうございました。

◆◆Guriko◆◆

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

いつも応援ポチしていただいてありがとうございます。更新の励みになります。

-ゴルフグッズ, ゴルフ日記
-, ,

Copyright© ゴルフ好き女子の日常 , 2021 All Rights Reserved.