ゴルフのルール・用語・マナー

「パーオン」を間違えて使ってるかも?パーオンの言葉の意味をおさらい


今日は「パーオン」というゴルフ用語について。

結構前の話なんですけど、接待ゴルフしたときに一緒に行った方が、パーオンというのを勘違いして使っておられたんですね。

毎回、それだとボギーオンですよね?って思いながらも、年上の方でましてや接待で言い出せなかったなぁ。

ゴルフ用語、勘違いして覚えてしまっていることもありますよね。

ということで、「パーオン」をおさらいしておきましょう。




パーオンとは

パーオンというのは、

規定打数(パー)より2打少ない打数でボールをグリーン上にのせる

ことを指します。

パー3ならば1打でグリーンオン
パー4ならば2打でグリーンオン
パー5ならば3打でグリーンオン

することがパーオンになります。

よくある間違いとして、規定打数より1打少なくグリーンにのったとき、つまりあと1打でパーが取れる状態の時にパーオンと言ってしまう方が多いかなと思います。

ちなみに、パーオンって言葉、和製英語だって知ってました?

海外でパーオンと言っても通じないんです。(せっかく覚えたのに!)

英語でパーオンのことは「green in regulation」と言います。

頭文字をとって「GIR」と示されていることも多いのですが、これを見かけたら日本で言うところの「パーオン」です。

一緒に覚えておくといつかは役に立つかも!?

今日も読みいただいてありがとうございました!

◆◆Guriko◆◆

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ


いつも応援ポチしていただいてありがとうございます。更新の励みになります。

-ゴルフのルール・用語・マナー
-

Copyright© ゴルフ好き女子の日常 , 2021 All Rights Reserved.