ゴルフクラブ

バンカーの苦手意識を克服できたウェッジ

2020-12-22

グリーン周りのバンカーってホントやっかいですよね。

アゴが高いところも多くて、高さを出さないといけないし、グリーンでスピンをかけて止めないといけないし。

私はバンカー用として1本ウェッジを入れてまして、

これがいい仕事してくれます。

ドルフィンウェッジ!!

これはバンカーショットが苦手でまだ100切りできていなかったころに、

雑誌やネットでバンカーショットの検索していたときに見つけて買ったもの。

以後数年愛用しているクラブです。

ドルフィンウェッジを使うと、難しいことを考えずにバンカーから脱出できます。

なぜかというと、フェースを開かないでいい設計になっているからなんです。

ドルフィンウェッジでのバンカーショットの打ち方は、

スクエアに構えて、普段通り打つ。

心がけることは、きちんとフィニッシュまで振り抜くこと。

これだけなんです。

「フェースを開かないで打てる」バンスの形状になっているので、

バンカーだからといってスタンスを変えたり、フェース開いたり、アウトサイドインの軌道にしたり・・・

なんてことを考えず打つことができます。

バンカーに入ったときのがっくり感は前より薄れて、

バンカーの苦手意識を克服できたウェッジだな、と思っています。

そうそう、これも大事なことなんですけど、

バンカーからすんなり出せるだけじゃなくて、

けっこうスピンがきいてグリーンで止まってくれます。

私のはDW-113というモデルですが、現行モデルはDW-118です。

ロフト角を選ぶときですが、

グリーン周りのバンカー脱出だけを目的にしたい場合は60°を選ぶといいそうです。

私は56°を使っているんですが、グリーン周辺のバンカーショットに加えて、ピッチ&ランのアプローチにも使えます。

56°だと、今使っているゼクシオのSと同じロフト角なので、次買うなら60°にしようかなと思ってます。

ドルフィンウェッジ DW-118 レディース

ドルフィンウェッジ DW-118 メンズ

最後までお読みいただいてありがとうございました!

◆◆Guriko◆◆

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ


いつも応援ポチしていただいてありがとうございます。更新の励みになります。

-ゴルフクラブ
-,

Copyright© ゴルフ好き女子の日常 , 2021 All Rights Reserved.